院長ブログ

sp_tel.png

2022/04/21

矯正治療とは

矯正治療が終わった患者様の、輝く笑顔を見るにつれ、素晴らしい職業に従事していることを実感します。そして、この後、何十年もこの笑顔が続いてくれることを願っています。

しかしこの笑顔は、単に歯を並べるだけでは作れません。
・安定した顎関節
・顔の美しさ
・機能的な歯並び
・健康な歯周組織
これらそれぞれのエリアに適切なゴールを設定し、より近づくことによって美しい笑顔を引き出すのです。
「歯」さえ並べれば何もかもうまくいく、ということは残念ながらありません。歯を動かすということは、「顎関節のエリア」「顔の美しさのエリア」「機能的な歯並びのエリア」「歯周組織のエリア」全てに必ず影響を及ぼします
気に入っていた顔立ちが変化してしまうことや、顎が痛くなるといった事が一切ないとは言い切れません。しかし、適切なゴールを設定し、この影響をうまく使えばしっかりとした結果を出すことができます。




顎関節は矯正治療の根幹ともなる重要な部分です。
顎関節は、顔貌、歯並び、歯周組織すべてにおいてダイレクトな関係にあります。そのため、顎関節の安定を最初に考え、その土台をもとにゴールの設定をします。顎関節が正常な状態、または安定していなければ、正しいゴール設定ができないのです。顎の位置が不安定で毎回違うようでは、ゴールの設定などはできません。患者様にも協力してもらい、顎という土台をしっかりと作っていただきます。
この考えが、あおき矯正歯科の大きな特徴です。





矯正治療を始めるにあたり、まず今の状態の精密な検査を行います。そこで顎関節の治療が必要と診断された方には、マウスピース(スタビライゼーションスプリント)での治療を行い、顎関節の安定を図ります。治療には、装着時間や顎の状態にもよりますが、1か月から6か月程度、あるいはそれ以上かかることもあります。

「顎関節のエリア」が安定したところで、再度検査を行い、それぞれのエリアのゴールを設定します。例えば「顔の美しさのエリア」。横から見たときの口元を下げよう(引っ込めよう)と設定したら、顔の動きに合わせて歯を動かす移動目標を考えます。歯の動きが、顔貌、ひいては歯周組織、機能に大きく影響することを知っているからこそ、入念に精査し患者様ごとに時間をかけて診断するのです。


まだ矯正装置はついていません。なぜこんなに診断に時間と労力をかけるのか。早く装置をつけてスタートしてほしい気持ちもよくわかります。
でも、治療のゴールを持たないでスタートすると、「たまたま出来上がった歯の並びがゴール」となってしまいます。たまたま出来上がったきれいな歯列、医療としていかがなものでしょう。また、理想に全く反していた場合はどうすればよいのでしょう!

そのようなことがないように、審査診断に時間と労力をかけ、患者様の最適なゴールの状態を予測し、そのことを実現するためシュミレーションを行い、ゴールを設定していきます。このように矯正治療は専門的な知識と十分な修練が必要なのです。
ゴールが設定され、治療計画が具体的になることにより、効率的な手順と、患者様にどのような協力をしてほしいかを伝えられます。治療期間も困難な部分も共有できるので、それこそ二人三脚で治療を進めていけます




矯正治療は時間と費用が掛かります。その間にはモチベーションが下がったり、装置を外したくなる時もあるでしょう。けれども、入念な診断のもとに設定したゴールが私たちには見えています。治療途中の患者様の、頑張っているお口の中のスライドもあります。ずっと並走して走っているのです。
私たちあおき矯正歯科は、患者様自身が誰よりも頑張っていることを知っています。だから矯正装置を外した後の輝く笑顔が嬉しいのです。
その笑顔・姿は私たちへの最上級のご褒美です。きれいになった姿でこの先何十年も楽しく生活してください。


参照 Roth study club japan   ( http://www.rwjso.com/)

投稿者:あおき矯正歯科

おすすめの記事

2015/10/22更新

投稿者:あおき矯正歯科

2022/02/26更新

投稿者:あおき矯正歯科

2015/06/17更新

投稿者:あおき矯正歯科